白内障とは
ものを見る時にピントを調節する
透明なレンズの
水晶体という部分が
白く濁ってしまう為に
すりガラスを通して見ているように
物がぼやけて見えてしまう病気です。

正常な目 白内障のある目

原因

 1番多い原因は加齢によるものです。
 年齢と共に出てくる白髪のような加齢現象のひとつです。
 よって白内障の進行にも個人差があります。

 その他の原因としては

  ● 糖尿病などの全身疾患によるもの

  ● ステロイド等の薬剤による副作用によるもの(併発白内障)

  ● 先天性素因(先天白内障)

 などがあげられます。

主な症状

 ● 物がかすんで見えにくい。ぼやける。

 ● 二重三重に見える。
 
 ● 距離感がつかめなくなって危ない時がある。

 ● 霧がかかって見える。

 ● 白または茶色に膜がかかって見える。

 ● 昼間、天気の良い日が異常にまぶしく感じる



白内障の見え方(イメージ)


通常の見え方



白内障の見え方


治療は?

 多くの場合は老化が原因なので

 自覚症状や不自由を感じてなければ

 進行を遅くすると言われている目薬で様子をみます。

 ただし手術以外で完治する事はありませんので

 日常生活で不便を感じたら手術をおすすめします。