---




 年をとるにしたがって、眼の中のレンズ(水晶体)の

厚みを調整する筋肉(毛様体筋)の

力が弱くなったり、水晶体が硬くなったり

するために出現するのが老視です。



近視があると水晶体で調整をしなくても

物を眼に近づければピントが

合う状態にすることができますが

近視を治療してしまうと遠くは見えても

近くが見えにくくなり物を眼に近づけても

ピントが合いません



必ず老眼鏡が必要になりますので、ご注意ください。


     --